Skip to content
2012年6月19日 / kumojicivicforum

久茂地で何が起こっているの?

OAM(沖縄オルタナティブメディア)さんのHPへのリンクです。

動画や記事が掲載されています。

OAMホームページ

2012年6月7日 / kumojicivicforum

昨日の現場

昨日の現場の様子です。

解体を急ぐ訳はなんなのか?

 

youtube=http://www.youtube.com/watch?v=V8uPBisjzd0&feature=youtu.be&a

 

2012年6月6日 / kumojicivicforum

築87年現役の旧大宜味村役場

 

2012年6月6日 / kumojicivicforum

石川元平氏 論壇

 

 

2012年6月4日 / kumojicivicforum

宮里氏 論壇

沖縄少年会館の設計をなさった建築家宮里栄一さんコメントが、地元紙沖縄タイムズの論壇に掲載されましたのでご報告します。

この沖縄少年会館は当初、十分な予算も高度な設計も施工技術もなかった。しかし、多くの人々の「善意と熱意」

が米軍占領下の抑圧された時代に、この建物を立派に完成させ、多くの沖縄の子どもたちに夢を与え、本土と沖縄の架け橋となった。

沖縄は「善意でできたこの建物」を日本、世界中に誇ることができた。

今、立法院についでまた自らの手で貴重な沖縄の宝を壊そうとしている。残念だ。

 

2012年5月29日 / kumojicivicforum

話に耳を傾けない行政

昨日の様子の記事、you tubeをアップします。

新沖縄子どもを守る会(加藤彰彦会長)に
「申し入れ書」をいう形で
少年会館からの撤去申し入れました

守る会としては
対話の場を持って、事態の収拾を
計ろうと提案をして、教育委員会は
その提案を持ち帰ります・・としました。

対話を求める市民の提案を無視するかのように
午後には市の職員を思われる面々30名ほどで
強行突破して、建物に入れないバリケードを
築いた・・

 

youtube(7分49秒)http://www.youtube.com/watch?v=6FmlMXfSKxE

 

2012年5月28日 / kumojicivicforum

市職員による強制退去

今日午後1:40頃沖縄少年会館前にいた女性から、「市職員約50人ほどがやって来た」
と、突然、連絡がはいったそうです。すぐ多くの方に連絡が回りました。

行ってみると、スクラムを組んでいるのは見知らぬ顔ばかり。
沖縄少年会館前で一人で女性が留守番しているのを見計らって市の職員が来たようです。
そしてピケをはり建物の出入り口を封鎖したそうです。
近くの交差点にはパトカ-3台と警官が立っていました。
職員はみな怪訝な表情で不安そうに立っていました。

道路向かいには少年会館を残したい多くの市民やテレビと新聞などのマスコミの方々。

実は今日午前中に那覇市教育委員会の教育長が「新沖縄子どもを守る会」の加藤会長の職場に来て次のような「申し入れ書」を持って来たようです。その時は午後の話もなく、「話し合い』を持ちたいというこちらからの申し入れに「帰って検討する」ということだったようだ。

だけどどう考えてもわからない。
多くの職員まで出して、ピケまではって解体を急ぐのか?

スクラム組むのは解体を阻止する市民とばかり思っていた。

2012年5月28日 / kumojicivicforum

那覇市教育委員会より退去申入書

今日午前中に那覇市教育委員会の教育長が「新沖縄子どもを守る会」の加藤会長の職場に来て次のような「申し入れ書」を持って来たようです。

そ「話し合い』を持ちたいというこちらからの申し入れに「帰って検討する」ということだったようだ。

2012年5月26日 / kumojicivicforum

屋良さんの直筆原稿

46年前の沖縄少年会館落成式。

屋良さんの式辞の直筆原稿のコピーです。

屋良さん直筆原稿

2012年5月26日 / kumojicivicforum

仮処分申し立て 第2回公判

昨日、仮処分申し立ての第2回公判がありました。

審尋は今回で終わりです。

来月末にも地裁の決定が出る予定です。